日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

ビットコインのザポ本部がスイスに移転か-xapo bitcoin

ニュース

ビットコインのザポ本部がスイスに移転か-xapo bitcoin
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

ウォレットとは?

ビットコインなどの仮想通貨はPeer-to-peerで取引する仮想通貨であるため、銀行などの仲介者は存在しません。

そのため、ビットコインを保管したり、他人に送金するときにはウォレットをあらかじめ作成しておく必要があります。

ウォレットには大きく分けて三種類あります。クライアント型、オンライン型、それとオフライン型です。

出典 http://genxnotes.com

ビットコインの財布には、デスクトップウォレット(PC上の財布)、ウェブウォレット(Web上の財布)、モバイルウォレット(スマートフォン上の財布)、ペーパーウォレット(紙に印刷された財布)、ハードウェアウォレット(専用財布端末)等の様々な形式があります。
各形式でセキュリティの高さや利便性が異なります。普段使用する小額を保管するのは、デスクトップウォレット、ウェブウォレット、モバイルウォレット、長期的な大金の保管にはオフライン環境下のデスクトップウォレット、ペーパーウォレット、ハードウェアウォレットがおすすめです。

出典 http://jpbitcoin.com

ウォレットの種類

ウェブウォレット

クラウド上などで管理会社が個人のビットコインアドレス、秘密鍵をまとめて管理するウォレットです。
ウェブ上にデータがあるのでパスワードさえ把握していれば、どこからでもアクセスして送金などを行える手軽さが利点となっています。
一方で、ウォレットの管理会社がパスワードなどを流出させてしまった場合、ビットコインアドレスから資金を抜かれること考えられ、セキュリティは最も弱いと言えます。
用途としては頻繁に動かす少額の資金を入れておくのに適しています。

出典 http://hello.vandle.jp

デスクトップウォレット

パソコンやスマートフォンなどの端末に専用のソフトウェアを入れてビットコインを管理するタイプのウォレットです。
自分自身でパスワードを管理できたり、取引に使うビットコインアドレスの指定、複数ウォレットの使い分けなどカスタマイズ性も強いのが特徴です。
端末上に情報を記録するため、ウェブウォレットよりはセキュリティに優れていますが、端末自体がインターネットと繋がる事もあるため、若干のハッキングリスクが残ります。
また、初回に全取引データのダウンロードが必要になったり、手間がかかるものもあります。

出典 http://hello.vandle.jp

コールドウォレット(ペーパーウォレット)

オフラインのパソコンや、実際の紙でアドレスや秘密鍵(後述)を保管しておくタイプのウォレットです。
オフラインでの管理が基本なので、ハッキングなどに対するセキュリティの強さは最も高いと言えます。
その反面、一度使うと再度紙を発行し直さなければならない手間や、紙を無くしてしまった場合は二度とお金が戻ってこないといったヒューマンエラーに弱い側面もあります。
用途としては多額の資金管理や長期保有に適しています。

出典 http://hello.vandle.jp

では、ザポとは?

アルゼンチンの起業家ウェンセス・カサーレス氏は、ザポ(Xapo)という新興企業をシリコン・バレーで立ち上げ、仮想通貨のビットコイン(Bitcoin)を使った仮想財布と冷蔵保管庫(cold storage vault)を統合した決済サービスの提供を開始した。

 ここで言う冷蔵保管庫とは、いかなるハッキング攻撃からも仮想通貨を守る鉄壁の電脳保管庫を意味する。同保管庫は、世界中の物理的なサーバー群で構成され、生体認証でしかアクセスできず、年中無休の監視カメラで見張られている。

 ニューヨーク・タイムズによると、東京拠点のビットコイン専門取引業者マウント・ゴックス(Mt. Gox)の破綻を受けて、ビットコインに関するセキュリティ懸念が増幅するなか、カサーレス氏の新事業は同仮想通貨の流通に信用をもたらすことで、ザポに商機をもたらす可能性もある。

 マウント・ゴックスでは、約75万人の顧客が保有していた総額4億5000万ドル相当のビットコインが喪失し、破産申請している。

 カサーレス氏は、2011年に初めてビットコインを購入し、その後も買い続け、それらを安全に保管する方法を独自に開発してきた。最初は、三つのビットコインを一つあたり約3ドルで買ったという。

 自分のビットコインを安全に保管するうちに、友人の分も保管するよう頼まれ、さらには、金融機関も類似の依頼をしてくるようになり、やがて、富裕層の家族や投資ファンド、ヘッジ・ファンドの運用者らも、カサーレス氏に保管を頼むようになった。顧客の約半数は米国内で、残りは世界中に散らばっている。

 カサーレス氏は先日、ベンチマーク・キャピタルが主導した資金調達で2000万ドルのベンチャー・キャピタルを獲得し、事業拡大に向けた資金を得た。

 同氏は以前に、デジタル財布のレモンを立ち上げ、それを2013年にライフロック(LifeLock)に4300万ドルで売却しており、シリコン・バレーのベンチャー・キャピタリストから資金を引き出す信用をすでに築いていた。

 「ビットコインに対するカサーレス氏の情熱と、デジタル財布や冷蔵保管庫に関する同氏の知識および技術はほかに並ぶものがいない」とベンチマーク・キャピタルのマット・コーラー氏は述べ、ザポの将来性を評価している。

出典 http://usfl.com

安全性が高く日常の生活で支払う事が可能な夢のカード、ザポ!

仮想通貨投資で獲得したビットコインをもっと便利に機能的に使える方法を模索した結果見つけたのがXAPO(ザポ)というデビットカード。

(サイト・メッセージ)
Xapoは世界で最も安全なビットコインウォレットです。Xapoの便利で安全なビットコインウォレットを使用して、ビットコインを購入し、世界中のどこにでも送金できます。Bitcoinを使い始めることに興味がありますか? 実貨幣からデジタルマネーへのスムーズな移行を実現しましょう! Xapoはビットコインを購入し、使いやすいオンラインウォレットから管理したり、Xapoデビットカードをスワイプしたり、Xapoの無料で安全な仮想金庫に保管するためのツールを提供しています。

スイスに拠点を移した理由

ザポがスイスに拠点を移した理由:



1・プライバシーの保護

2・中立である

3・民主主義

4・内部的な安定

5・経済的独立性

6・保護されている

7・平和、自然

8・ビジネスの中心、ビジネスフレンドリー

9・モダン社会

10・守られた環境

XAPOホームページより抜粋

スイスフィンテック情報

超美人・サポ・スイス最高責任者 オルガ・フェルドマイヤー


ザポカード代行業務、先ずはLINE@にご登録ください!詳細をお送りいたします。

スイスのフィンテック情報 for 2025

キュレーションとは:IT用語としては、インターネット上の情報を収集しまとめること。または収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有することを言い、市場規模は右肩上がりの成長を続けている。情報収集はもはやパソコンででなくスマホで隙間時間にする時代。時代に合ったキュレーションで新しい価値を生み出し自分の財産にしてみませんか。

1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!