日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

食用ネコ・今もスイスで猫が食べられている?BBCニュース

ニュース

食用ネコ・今もスイスで猫が食べられている?BBCニュース
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

世界有数の永世中立国でありで人々は礼儀正しく、治安も良い。
世界でも必ず裕福な国のリスト上位にあがるスイスだが、山間部や遠隔地では
ネコを食用にしているというショッキングなニュースが国内外で度々取り上げられてきた。スイス在住日本人がその実態に迫ります。

ターゲス・アンザイガ―(スイス大手新聞社)見出し

訳:スイス国内では犬、猫を食肉として消費することが許可されている...
隣国の意見とは裏腹にだ。動物愛護団体はこのスイスの伝統に終止符をうつように訴えている。スイス連邦は禁止する様子ではない様だ。

In der Schweiz ist es erlaubt, Hunde und Katzen zu verzehren – im Gegensatz zum benachbarten Ausland. Tierschützer fordern ein Ende dieser Tradition. Doch der Bund will kein Verbot.

スイス人はネコ肉が好き

訳:ステファニー夫妻がスイス、ユラ州の農場に偵察に行った。そこには沢山の猫がいて、それらは時にフライパンの上に並ぶ。牧場主は言う、”やぁ、もちろんネコ肉は食べますよ”(ル・マタン誌)”でも勘違いしないで下さいよ!ネコの肉は大変柔らかく、ウサギのそれと似ているが、筋っぽくないんだ”

Stéphanie P.* bewirtschaftet zusammen mit ihrem Mann im Kanton Jura einen Bauernhof. Da leben viele Katzen, und manchmal landet in ihrem Kochtopf eines der Büsi. «Ja, wir essen Katzenfleisch», gestand sie nun der Zeitung «Le Matin». Falsch findet sie das nicht: «Es ist sehr zartes Fleisch. Ich sage immer, es schmeckt wie Kaninchen, aber es ist weniger fasrig.»

スキャンダル・スイスのネコ食文化

【スキャンダル・スイスの食卓にならぶネコ肉】

スイス連保では法律で犬・猫を食肉として消費することがゆるされている。
(自身の猫である場合には)商業用目的では許されない。


【Skandal in der Schweiz: Katzen landen auf dem Teller】
In der Schweiz ist es gesetzlich nach wie vor erlaubt, Katzen und Hunde zu essen, sofern es sich um die eigenen Tiere handelt. Nur zu kommerziellen Zwecken sind Hunde- und Katzenfleisch verboten. Dies sorgt immer wieder für einen großen Skandal – zuletzt Anfang 2016, als ein Video eines angeblichen Schweizer Restaurants die Runde machte, in dem Katzenfleisch serviert werden soll. Inzwischen ist klar: Das Restaurant gibt es nicht wirklich.


1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!